イメージ画像
2×20cm 3ウェイ フロア型スピーカー
STUDIO 290 BRN
標準価格 ¥72,000(税抜)/1本
  • 2016
  • 2015
  • 2014

JBL独自のホーン技術を手軽に楽しめる最新スピーカーシステム。

「STUDIO2」シリーズは、銘機と呼ばれる数々のシステムを世に送り出してきたJBL独自のホーン技術を活かし、高い音響性能を追求しながら優れた設置性、ファニチャーライクなデザインや仕上げなど、ホームエンターテイメント用スピーカーとして求められる要素を集約したスピーカーシステムです。ステレオシステムとしてはもちろん、マルチチャンネルシステムとして、様々なリスニング環境、多様なリスニングスタイルへの柔軟な対応を可能とする7つのモデルから製品構成されています。
STUDIO290BRNは、8インチ径PolyPlas™コーン・ウーファーを2本パラレルで搭載したSTUDIO2シリーズのフラッグシップ・モデルです。大型フロアーシステムならではのスケール感と余裕ある低域、ホーンツイーターによる高密度で高品位な中高域を実感できるトールボーイ・フロアー型システムです。

特長

JBLノースリッジラボによる開発、設計

JBLノースリッジラボによる開発、設計

STUDIO2シリーズの全モデルは、世界有数の研究施設を誇るカリフォルニア州ノースリッジのJBLラボにより開発され、独自のダブルブラインド・リスニングテストにより、JBL製品を含む競合製品との厳しい比較評価を経て開発されています。

JBL 独自の定指向性ホーンデザイン

JBL 独自の定指向性ホーンデザイン

JBL Professional Divisionにより、最新プロフェッショナル・モニターのために開発されたHDI(High Definition Imaging)ホーン技術を用いたウェーブガイド/ホーンを高域ユニットに採用。
ホーンシステムならではの高感度で多彩なディテール表現と共に、広く一定な定指向特性により、リスニングエリアのどこにいても鮮明なステレオイメージと自然な音響バランスをお楽しみいただけます。

25mm径セラミック・メタル・マトリックス・ダイアフラムドームツイーター採用

25mm径ドームツイータに、アルミニューム・ダイアフラムの両表面にセラミック化したアルミナ層を形成させた複合サンドイッチ構造のダイアフラム"CMMD"を採用。セラミック層の高いヤング率と音速特性、アルミニューム・コアの低密度ダンピング特性とが、一次共振周波数を可聴帯域外へ追いやり、ダイアフラム素材としてのQを適切に抑えながら高い感度を獲得。歪や濁りの無い透明感あふれる高域再生を果たします。

100mm径ポリプラス・ダイアフラム・ミッドレンジ搭載

優れた定指向特性を誇るHDIホーンとポリプラス・ウーファーとの良好な音響結合を果たし、ボーカル帯域の透明感とリアリティーを高める100mm径PolyPlas™コーン・ミッドレンジユニットを搭載。ウーファー背圧とキャビネット共振からの有害な干渉を防ぐバックキャビティーを装備。

200mm径ポリプラス・コーン・ウーファー搭載

歪の無い正確なピストニック・モーションを果たす剛性と適度な内部損失を併せ持つPolyPlas™コーン・ウーファー搭載。高音質デジタル音源のパルシブな低音に無理なく対応する高い応答性と低域拡張を果たします。

優れたユニット類を活かすネットワーク

優れたユニット類を活かすネットワーク

各ユニット間のスムーズなつながりを果たすと共に均一で安定した指向特性を果たすためにコンピューター・シミュレーションにより最適化されたネットワークデザイン。
STUDIO290BRNには、回路間の干渉を防ぐバイワイヤリング対応のデュアル・インプットターミナルを装備。

コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット

コンピューター・シミュレーションにより最適化されたキャビネット

キャビネット縦板の共振、たわみを防ぐ窓枠形状の内部ブレーシングが施された19mm厚MDF製キャビネット。低域レスポンスを改善し、ウーファーユニットの高い応答性を余すことなく活かしています。内部定在波を最小化すると共に、各ユニットのシームレスなつながりを果たすため、コンピューター・シミュレーションにより最適化されたユニットレイアウトと、回折効果を最小化するためにエッジ部を丸めたキャビネット構造により、鮮明なサウンドイメージ、活き活きとした3Dサウンドステージをもたらします。ポートノイズを抑え、自然な低域レスポンスを果たすエアフロー形状のバスレフポートを採用し、ポートを背面に装備することで、リスニングポジションにおけるS/N比の改善を果たしています。

エレガントなキャビネットデザイン

エレガントなキャビネットデザイン
エレガントなキャビネットデザイン

継ぎ目の無いラウンドエッジ構造のキャビネットは、高級感あるEspresso木目調仕上げ。グロスブラックのトップパネルとホーン表面のソフトタッチ・ペイントが優美なコントラストをもたらしています。
バッフル面のネジの露出を無くし、グリル装着に細身のピンと受けを用いることですっきりと簡潔なフロントビューを演出。グリルフレームにはサイドに切り込みを入れ、バッフルから浮かせたフローティング構造とすることで、キャビネット回折を妨げずグリル装着時にも明瞭な音像定位と広大な音場イメージを発揮します。
STUDIO290BRNには、床との干渉を防ぐラバーフットをキャビネット底面に装備。さらに付属のスパイクを装着することで、床面との干渉を最小化することが出来ます。

仕様

形式 2×200mm径 3Wayフロアーシステム
インピーダンス
出力音圧レベル 91dB(2.83V/1m)
周波数特性 28Hz ~ 22kHz
クロスオーバー周波数 550Hz、3.8kHz(-12dB/oct.)
推奨アンプ出力 20~225W
寸法(W×H×D) 273×1,197×330(352)mm(グリル含む)
重量 25.0kg

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

受賞歴

2016年

(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2016 SUMMER スピーカーシステム(ペア10万円以上20万円未満)」受賞
(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2016 スピーカーシステム(ペア10万円以上20万円未満)」受賞

2015年

(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2015 SUMMER スピーカーシステム(ペア10万円以上20万円未満)」受賞
(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2015 スピーカーシステム(ペア10万円以上30万円未満)」受賞

2014年

(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2014 SUMMER  スピーカーシステム(ペア10万円以上30万円未満)」受賞

機能・特徴から探す

スピーカー