イメージ画像
30cm 3ウェイ コントロールモニター
4312SE
標準価格 ¥260,000(税抜)/ペア

JBL創立70周年を記念したスペシャルエディションモデル、
3ウェイ スタジオモニタースピーカー「4312SE」

70年代初期にデビューした「4310」のデザインを継承し、最新スタジオモニタースピーカーとして求められる音響性能を追求したスペシャルエディションです。低域ユニットには、上位モデルの「4429」に搭載している12インチ(300mm)径ウーファーを搭載し、大口径ウーファーならではの力強いエネルギー感と解像度の高い音質を実現しました。

特長

JBL最強の12インチ(300mm)径ウーファーを搭載。

低域ユニットには、上位モデル「4429」で性能の高さを実証済みのJBL史上最高の12インチ(300mm)径ウーファーを「4312」シリーズ伝統のホワイトコーン仕様とした専用バージョンです。NOMEX®デュアルダンパー、アクアプラス処理されたケブラーコンポジット・パルプコーンによるストレートコーンを、大口径フェライトマグネットと大容量コッパースリーブを用いたニューSFG磁気回路で強力にドライブ。大口径ウーファーならではの低域の力強いエネルギー感と解像度の高さを両立しています。 また、アルミリボン・エッジワイズ巻きロングボイスコイル設計とセンターポールベント構造の採用により、高信頼で安定した連続ハイパワーモニタリングを可能にしています。

音色や声の質感の描写力を磨き上げた、5インチ(125mm)径パルプコーン・ミッドレンジを採用。

コーン紙裏面外周部にダンピングを施し、歪を抑え、質感の高いボーカル再生を果たした軽量パルプコーンを採用。明瞭度を高め、ナチュラル・ボイスにより一層磨きをかけています。また、軽量なアコーディオン・クロスエッジの採用により、明るく明瞭なJBLモニターサウンドを継承しています。 耐熱性に優れたKapton®ボイスコイルボビン採用の25mm径コッパーボイスコイルと、大型フェライト・マグネット採用の強力な磁気回路により、優れたダイナミックレンジとリニアリティを獲得しています。

艶やかでクリアな高域再生を果たした1インチ(25mm)径Al-Mg合金ドームツイーターを搭載。

25mm径アルミ・マグネシウム合金ダイアフラムをシルク素材を用いた軽量なハーフロール・クロスエッジで支える事で、スムーズで伸びやかな高音域とつややかな超高音域再生を実現しています。 ボイスコイルにはCCAW(コッパークラッド・アルミワイヤー)ボイスコイルを採用。振動系の軽量化により、さらなる高域特性の改善を果たしています。

新しいウーファーに合わせてネットワーク回路を新設計。

4312シリーズの原点である4310や4311のモニタースピーカーの音質的特色に近づけるため、伝統となったウーファーのフルレンジ接続を敢えてやめ、ウーファーにローパスフィルターを追加したピュアな3ウェイのネットワークを新たに設計しました。 また、ウーファーとミッドレンジとのクロスオーバー周波数を人の聴感の敏感なエリアより低い周波数帯域にすることで、位相の変化による違和感を低減させています。 スタジオモニタースピーカー本来の高純度で粒立ちの良い音色を獲得し、300mmの大口径ウーファーを搭載した3ウェイシステムの魅力をフルに引き出しています。

JBL創立70周年記念モデル4312SEには、証明書が同梱。

4312SEには、シリアルナンバー入りの証明書を同梱しています。

仕様

製品名 4312SE
形式 3ウェイ・ブックシェルフ型
使用ユニット 1200FE-8W:300mm径アクアプラス・コーティング・ストレートコーン・ウーファー
105H-1:125mm径ポリマー・バックコーティング・ペーパーコーン・ミッドレンジ
054AlMg-1:25mm径アルミ・マグネシウム合金ドームツイーター
公称インピーダンス
許容入力 100W
出力音圧レベル(2.83V/1m) 90dB
周波数特性(-6dB) 44Hz ~ 40kHz
クロスオーバー周波数 640Hz、5kHz
寸法(幅×高さ×奥行き) 362×597×298(グリル含まず)/301(グリル含む)mm
重量 25.2kg(グリル含む)/本

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

機能・特徴から探す

スピーカー