イメージ画像
30cm 3ウェイ コントロールモニター
4312E
標準価格 ¥110,000(税抜)/1本
  • 2016
  • 2015
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010

70年代初期に登場したModel 4310の最新進化形。

70年代初期に登場したModel 4310を祖とし、4311、4312、そして4312A~4312Dへと進化を続けてきたJBLのロングセラー・コントロール・モニターが、すべてのユニットを一新。シリーズの特徴である鮮度感の高い活き活きとしたサウンドに、なお一層磨きを掛けています。

特長

12″ ネオジューム・ウーファー:2213Nd-2

ダイナミックなレスポンスと共に、シンプルなネットワーク構成を可能とする素直な中高域特性を両立した30cm径ウーファー“2213”系列の特徴を受け継ぎながら、強力なネオジューム・マグネットやエアロ・ダイナミック・フレームなど最新の設計メソッドを取り入れ、より優れた応答性と低歪化を果たしたハイテク・ウーファーユニット“2213Nd”の最新バージョンです。

  • 強力なネオジューム・リング・マグネットを2枚のトッププレートでサンドイッチし、2つのボイスコイルでプッシュ・プル駆動を行うJBL独自のN.D.D.™(ネオジューム・ディファレンシャル・ドライブ)方式採用。正確なピストニック・モーションがリニアリティーを高め、2つの75mm径ボイスコイルが38cm径ユニットにも匹敵する高い駆動力を発揮します。
  • 2213Nd-2では、ボイスコイルにアルミニューム合金リボン・エッジワイズ巻きボイスコイルを新採用。低域レンジの拡張を果たした、4319に搭載の2213Nd-1の優れた低域レスポンスと、素直な中高域特性を誇る伝統の広帯域設計とを融合し、さらに低域解像度の改善を果した、4312E専用設計のワイドレンジ・ユニットです。
  • 良好な中高域特性を発揮するカーブド・コーンの表面にJBL独自のダンピング材、アクア・プラスをコーティングしたホワイトコーンを採用。コーン紙自体の強度をより高め、ダンプ材の量を最適化することでさらに音の芯を明確に描く良好な応答特性を得ています。
  • 2213Hの伝統の音質を受け継いだアコーディオン・プリーツ・クロスエッジを採用。ダンプ材の含浸によりエッジ鳴きを抑え、弾むようなリズミカルな低域と切れの良い中域レスポンスを発揮しています。
  • 質量の大きい磁気回路をフレーム中心部に抱き込み、駆動ロスを最小限に抑えるアルミ・ダイキャスト一体成型のバケット型フレーム構造を採用。コーン紙の前後動に伴う反作用をバッフルと一体となってガッチリと受け止めることでレスポンスの向上を図っています。
  • コーン紙の前後動を利用してボイスコイルと磁気回路を強制冷却するJBL独自のベンテッド・ギャップ・クーリング機構がボイスコイルの温度上昇を抑え、ネオジューム・マグネットの安定動作を保障。連続大出力でもパワーコンプレッションのないハイパワーモニタリングを可能にしています。
  • さらに、ヒートシンク構造を取り入れたアルミ・ダイキャスト製フレームが効率よく熱を放出。フレーム各所に施された多数のスリットが熱の拡散とともにコーンやダンパー部のバックプレッシャーを逃がし、歪を低減。コンピューター解析によって生み出されたエアロダイナミック・デザインが気流の乱れを抑え、コーンの前後波形をシンメトリーに保つことで二次高調波歪の減少と優れたレスポンスをもたらしています。

5″コーン・ミッドレンジ:105H-1

5″コーン・ミッドレンジ:105H-1

伝統の3ウェイ・コントロールモニターにおいて、その大きな特徴ともなっている良質なボイスレンジを担うミッドレンジ・ユニットとして、更なる低歪とフラットレスポンスを目的に新開発された125mm径スコーカーです。

  • コーン紙裏面外周部にダンピングを施し、歪を抑えた質感の高いボーカル再生を果たした軽量パルプコーンを採用。明瞭度を高め、ナチュラル・ボイスにより一層磨きをかけています。
  • アコーディオン・プリーツ・クロスエッジ採用の特徴的なウーファーユニットとの絶妙な音のつながりを重視したアコーディオン・クロスエッジを採用。明るく明瞭なJBLモニターサウンドを継承しています。
  • 耐熱性に優れたKaptonボイスコイルボビン採用の25mm径コッパーボイスコイルと、大型フェライト・マグネット採用の強力な磁気回路により、優れたダイナミックレンジを獲得。如何なるジャンルのソースにも適応する高い再生能力を誇ります。
  • パワーハンドリングを高めダイナミクスの改善を果たしたロング・ポールピース構造採用。ボイスコイル・インダクタンスのリニアリティー向上により、素直な中高域特性を発揮します。
  • 伝統のスクエアクル(変四角形)フランジ構造のアルミダイキャスト・フレーム採用。強力な磁気回路をガッチリと支えながらバッフルと強固に一体化させることで、優れたレスポンスを生み出しています。

1″ アルミ・マグネシューム合金ドームツイーター:054Al-Mg

新世代モニターに課せられた良好な超高域レスポンスを獲得するために開発されたアルミ・マグネシューム合金ダイアフラム採用のドームツイーターです。

054Al-Mg
  • 優れた高域特性を誇る25mm径アルミ-マグネシューム合金ダイアフラム採用。シルク素材を用いた軽量なハーフロール・クロスエッジとの組み合わせによりスムースで伸びやかな高音域と、つややかな超高音域再生を実現しています。
  • 強力なネオジューム・マグネットを採用。高い駆動力が超高域まで安定した再生能力を発揮します。
  • 軽量なアルミニューム・ワイヤーに導電性の優れた銅皮膜を被せたCCAW(コッパークラッド・アルミワイヤー)ボイスコイル採用。振動系の軽量化によりさらなる高域特性の改善を果たしています。
  • 振動系質量の軽減と共に高い耐入力特性を発揮するKaptonボイスコイル・ボビン採用。
  • ダイアフラム前面に装備したフェーズプラグが位相特性を整え、超高域までフラットで低歪な再生を実現。ウェーブガイドとしての役割を担ったフェースプレートとの相乗効果により、他の強力ユニットとの最適なエネルギーバランスと共に適切な指向性管理を果たしています。

シンプルなネットワーク

優れたレスポンスを誇るワイドレンジ・ウーファーの持ち味を最大限に引き出すため、ウーファーユニットをフルレンジ接続し、中、高域ユニットを重ね合わせた4312シリーズ伝統のネットワークを採用しています。

  • 素直な高域減衰特性を持つウーファーユニットの特徴を活かし、低域ユニットに一切フィルター素子を通さないフルレンジ接続を行うことでウーファーをアンプによってダイレクトドライブし、活気に満ちた明るく切れの良い低域再生を果たしています。
  • ミッドレンジにはコンデンサー1個による-6dB/octのシンプルなハイパス・フィルターを用いフルレンジ駆動のウーファーとのスムースな音のつながりを得ると共に、ローパス・フィルターにも空芯コイル1個による-6dB/octのシンプルなフィルターを用いることで鮮度感の高い再生音とツイーターとのスムースなつながりを得ています。
  • 高域ユニットにはデリケートなユニットを保護しハイパワー・モニタリングを可能にするために-12dB/octのハイパス・フィルターを採用。
  • 中/高域レベルの独立した調整が可能な連続可変型M.F./H.Fアッテネーター・ボリューム装備。各ユニットのスムースな減衰特性とシンプルなネットワークによる緩やかなスロープにより、アッテネーターにさらに広い適応範囲を確保し、部屋の環境や好みに合わせた幅広いレベル調整が可能となっています。

伝統のキャビネットデザイン

  • 伝統のディメンションを継承したキャビネットには、4312シリーズとしては初の全面高比重MDF材構造を採用。新開発ユニットの優れたレスポンスを活かす高剛性キャビネットとなっています。
  • ユニットをバッフル中心部に集中配置させることでフルレンジ駆動のウーファーとの音のつながりを重視した伝統のユニットレイアウト。左右ミラーイメージ・ペア構成も採用しています。
  • ブラックアッシュ調仕上げのキャビネットとブラック・ヘアライン調バッフル、サイドバッフルのJBLロゴが精悍なイメージを演出。フロントネームプレートに添えられたオレンジラインがニューモデルの目印です。

仕様

形式 3ウェイ・ブックシェルフ型
使用ユニット
LF
300mm径アクアプラス・コーティング・カーブドコーン・ウーファー
HF
125mm径ポリマー・バックコーティング・ペーパーコーン・ミッドレンジ
UHF
25mm径アルミ-マグネシューム合金ドームツイーター
インピーダンス
許容入力 100W(RMS)
出力音圧レベル 93dB(2.83V/1m)
周波数特性 40Hz ~ 40kHz(−6dB)
クロスオーバー周波数 2kHz, 5kHz
寸法 362×597×298mm(グリル含まず)/301mm(グリル含む)
重量 18.1kg (グリル含む)

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

受賞歴

2016年

(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2016 SUMMER スピーカーシステム(ペア20万円以上40万円未満)」受賞
(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2016 スピーカーシステム(ペア20万円以上40万円未満)」受賞

2015年

(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2015 SUMMER スピーカーシステム(ペア20万円以上40万円未満)」受賞
(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2015 スピーカーシステム(ペア10万円以上30万円未満)」受賞

2013年

(株)音元出版 AV REVIEW
「オーディオ・ビジュアル・グランプリ2013 SUMMER スピーカーシステム(ペア10万円以上30万円未満)」受賞

2012年

(株)ステレオサウンド Stereo Sound
「2012-2013 ベストバイ・コンポーネント スピーカーシステム(20万円未満)」受賞
(株)音楽之友社 Stereo
「ベスト・バイ・コンポ2012 15万円超40万円以下のスピーカーシステム」受賞
(株)ステレオサウンド HiVi
「2012夏のベストバイ スピーカー部門(ペア10万円超20万円以下)」受賞

2011年

(株)音楽之友社 ステレオ
「ベスト・バイ・コンポ2011 15万円超40万円以下のスピーカーシステム」受賞
(株)ステレオサウンド HiVi
「2011夏のベストバイ スピーカー部門(ペア10万円超20万円以下)」受賞
(株)ステレオサウンド HiVi
「2011冬のベストバイ スピーカー部門(ペア10万円超20万円以下)」受賞

2010年

株式会社音元出版 オーディオアクセサリー
「オーディオ銘機賞2011 スピーカーシステム・中、大型」受賞
株式会社誠文堂新光社 MJ 無線と実験
「テクノロジー・オブ・ザ・イヤー賞 スピーカー部門」 入賞
(株)ステレオサウンド ステレオサウンド
「2011-2012 ベストバリュー・コンポーネント スピーカーシステム(20万円未満)」第5位

機能・特徴から探す

スピーカー