History of JBL ~JBLの軌跡~

JBL、その名は「音」に人生を捧げた一人の天才エンジニア ジェームス・B・ランシング のイニシャルに由来しています。
60余年にわたり世界のエンターテインメントを支えてきた JBL、そのテーマは「音響技術と音楽芸術の融合」です。

ジェームス・B・ランシング JBL社設立までの軌跡
歴史は大型劇場用スピーカーから始まった

1927
Lansing Manufacturing Inc. 設立。
1934

MGM からの依頼により、大型劇場用2ウェイスピーカーシステム「シャラーホーンシステム」を完成。

1936

「シャラーホーンシステム」が映画芸術科学アカデミー賞を受賞

1937

劇場用小型システム「アイコニック」発表。成功を収める。
JBL サウンドの原点を確立する。

1941

アルテック・サービス社に Lansing Manufacturing Inc. 売却、子会社となる「ALTEC LANSING」を設立。
技術担当副社長として、同軸型604、ウーファー515、ドライバー288 等、名ユニットの開発に成功する。

1946

「もっと美しい家庭用スピーカーが作りたい」を理由にアルテック社を離れ JBL 社を設立する。

  • シャラーホーンシステム
    シャラーホーンシステム
  • アイコニック
    アイコニック

1940's ? 1950's
D130、ハーツフィールド、パラゴン

D130 / 175DLH
1940's

Lansing Manufacturing Inc. 設立。JBL 設立後初めての製品、38センチフルレンジユニットD130発表。その後 D131、D208、175ドライバーといった JBL社初期の名機とされるユニット群を生産。これらは50年以上たった今でも、サウンドに魅了された多くのファンが現役で愛用しています。

このD130は、ROCK'N ROLLブームのさ中アメリカのギターメーカーFENDER社に理想的なスピーカーユニットとして、ギターアンプ用ユニットに採用されています。

1950's

コンプレッションドライバー+ホーン、音響レンズ、リングラジエーターの導入により映画館、シアター等プロ用スピーカーシステムの地位を確立させました。

家庭用スピーカーとして発売された「ハーツフィールド」は当時TIME誌の表紙を飾り「ドリーム・スピーカー」と称され絶賛されました。続いてオールホーンのスピーカーシステム「パラゴン」を発表 。木工芸術品と呼ぶにふさわしい、正に「美しい家庭用スピーカー」は、木工職人のリタイヤによる1988年の生産中止まで約30年間という長きに渡り生産を継続しました。

この両モデルの高い評価は現在でも色あせず、未だに多くのファンを魅了し続けています。

  • ハーツフィールド
    ハーツフィールド
  • パラゴン
    パラゴン

1960's
オリンパス、スタジオモニター誕生

Professional Series
1960's

ジェームス・B・ランシングが JBL を設立した目的は「美しい家庭用スピーカーを作る」ことでした 。しかしロックコンサートの大規模化が進んだこの時代、大出力に耐え音質も優れている JBL ホーンユニットがPA用として注目されるのは当然の流れでした。

その後JBLは、プロフェッショナル市場での成功により「スタジオモニター」の最初のモデル「4320」を発表します。その完成度の高さは、以降10年以上の長きにわたり、世界のスタジオモニターの定番となった事で実証されました。

「ハーツフィールド」「パラゴン」に続く家庭用スピーカーとしては、「オリンパス」を発表。 このモデルも未だ愛用者は多く熱狂的なファンを有しています。自作スピーカーファンにはなじみの深いフルレンジユニットの傑作、「LE8T」もこの時代に登場しています。

1970's
オリンパス、スタジオモニター誕生

Professional Series
1970's

米 BILL BOAD マガジン誌'76年の調査で、録音スタジオにおけるモニタースピーカーのシェアが No.1となり、プロフェッショナル市場での成功を明白なものとしました。
その牽引力となったのが、4300 シリーズです。

現在も4312という超ロングセラーの原型となる、3Wayブックシェルフ型スタジオモニター「4310」、初の4 Wayフロア型スタジオモニター「4350」、そして日本でも空前の大ヒットとなった「4343」など、時代が要求する音楽の変化によりその完成度を高めていった 4300 シリーズは、家庭用としても注目を集めていきました。

4311 の家庭用モデルとなる「L100」は米国にて10年以上にわたり大ヒットを記録。プロ市場で培われたテクノロジーを家庭用モデルに反映するという現在の JBL の基礎は、この時代から行われてきました。

1980's
アカデミーシアター、THX 承認スピーカー

1980's

トーキー映画草創期から映画館用スピーカーシステムの開発に携わってきた JBL。

映画芸術科学アカデミーは、Dolby サウンドシステムによるワイドレンジ化、高音質化に対応できるスピーカーシステムとして、「サミュエル・ゴールドウィン・シアター(通称アカデミーシアター)」のサウンドシステムに、JBL コンポーネントを導入しました。THX シアターにおいても THX によるその厳しい条件を世界で初めてクリア。THX 承認スピーカーシステムメーカーとして、映画音響の世界を常にリードしています。

家庭用のフラッグシップモデルとして登場した「エベレスト」は、ステレオサウンド誌で、PRODUCT OF THE YEAR を受賞。唯一無比のクォリティーは当時のオーディオファンの注目を一身に集めました。

現在、JBL のフラグシップモデルとなる「Project K2」シリーズの 1st モデル「Project K2 S9500」の登場はハイエンドオーディオ市場におけるJBLの地位を確固たるものとしました。後にステレオサウンド誌「Product of the year」を受賞する等、各方面から高い評価を受けました。プロ用スタジオモニターでは、現在もロングランを続けている 4312MkII のオリジナル「4312」、そして4343に続くヒットモデル「4344」等もこの時代に登場しています。

  • 4344
    4344
  • Project K2 S9500
    Project K2 S9500
  • Project K2 S5500
    Project K2 S5500

1990's
世界の映画館へ75%以上の導入実績

1990's

JBL は、プロフェッショナル、家庭用、そしてカーオーディオ等、様々な市場での地位を確固たるものとしました。

映画館への導入実績においても、全世界の約75%、THXシアターにいたっては全世界の約85%という高いシェアを誇っております。

また、大型化が続くロックコンサートや、世界的なイベントにおいても、耐入力/高音質が求められるPAスピーカーの定番として、多くのシステムに採用されています。

2000's ~ Today
そして世界 No.1 のスピーカーメーカーへ

2000's-Today

21世紀の始まりとともに発売となったPROJECT K2 S9800は、次世代デジタルオーディオに対応したその能力により、オーディオ専門誌の各賞を独占。PROJECT K2シリーズの最新モデルS9900にもその革新性は受け継がれ、常に前進を続けるJBLの姿勢を世に示しました。

オーディオファン憧れのスタジオモニターもバージョンアップが行われ、最新モニタースピーカーのリファレンスとしてヒットを続けています。

2006年には、創立60周年を記念してJBLの新しい時代の象徴となる次世代フラッグシップモデル“Project EVEREST DD66000”が誕生しました。デザイン、音響設計、コンポーネンツ、製造のすべてに、60年の歴史の中で培ってきた技術力・ノウハウを傾注。スピーカーの再現能力を大きく進化させ、音楽再生の新しい領域を切り拓くスピーカーを創り上げました。オーディオ専門誌ならず、様々な分野から数多くの賞賛の声をいただいております。

プロオーディオの分野では、JBLの長年に渡る映画音響への貢献が認められ、2002年にJBLの技術スタッフであったJohn Eargle、Don Keele、Mark Engebretsonの3名が映画芸術アカデミーより「科学技術賞」を受賞。

さらに2005年には、JBLの長年に渡るレコーディング分野への技術的な貢献を認められ、レコーディングアカデミーよりテクニカルグラミー賞を受賞しました。

JBLは、名実ともに世界のエンタテイメントをサウンド面で支えるリーディングカンパニーとして常に前進を続けていきます。

Pickup